危険な突発性難聴の発生原因を徹底解明!【治療院を見つけよう!】

医者

塩分と脂質は控えよう

高血圧だと診断されたら。

医者

昔から高血圧と診断されたら食事療法が取り入れられることが一般的である。 高血圧と診断されると塩分や脂質をあまり使えなくなるため、 味気ない食事になることが多かった。 高血圧と診断される人はどちらかというと太り気味の人が多く、そんな食事では物足りないと言う人も多い。 食事療法は脂っぽいものが好きな患者にとっては辛いものであるし、もちろん、塩分や脂質を控えた料理を作る家族も大変である。 高血圧の食事療法のレシピ本などがたくさん出ている今で、今でこそ美味しいレシピが紹介されているが昔はとにかく塩分を控えるなど方法がなかったた。 なので患者にも家族にとっても食事療法は辛く、好きなものが食べることができなくなるため悲しいものだった。

これからの食事療法の特徴。

今も高血圧で食事療法を受ける人はたくさん居る。 しかし、昔と比べてレシピ本なども豊富になった。 塩分や脂質を使わなくても美味しい料理を紹介してもらうことができるようになったのである。 塩分を使わない場合、スパイスを使うと言ったように代用品でどうにかするということができるようになった。 これは入院患者でも同じで、昔は一般患者と食事メニューが全く違い味気ない思いをすることが多かった。 しかし今は、塩分を控えても美味しいメニューの食事が提供されるようになった。 食事療法までいかなくても最近は特定保健用食品のお茶などで自分である程度予防することもできる。 コンビニなどでも塩分控えめのお弁当なども売っているため手軽に食事療法ができるようになった。