危険な突発性難聴の発生原因を徹底解明!【治療院を見つけよう!】

医者

治療院探し

今後の研究解明が期待される“突発性難聴”とは?

医者

突発性難聴とは、明らかな原因もなくてある時突然耳が聞こえ難くなる病気です。中年以降の人に多く見られる病気ですが、急激に発症する難聴のうち、原因不明のものを突発性難聴と総称していますので当然、病気の原因は判っていませんが、今のところウィルス感染説と内耳循環障害説が有力とされています。前者は難聴になる前に風邪の症状を呈していた患者が多いということ、後者は内耳血管の循環障害の症状が突発性難聴の症状と酷似していて医学的に説明しやすいという根拠によりますが、現段階ではいずれも決め手に欠くと言わざるを得ません。 原因が特定できていないので、治療法も確立されたものはありませんが、基本的には、安静にしてストレス等を解消することで改善効果は見られるケースが多いと言われています。突発性難聴に対する薬物治療としては、内耳循環障害に対して血管拡張剤、ウィルス感染に対して副腎皮質ステロイド等を用いることが多いのですが、特効薬というわけではありませんので、現段階では、既往症や臨床所見等を勘案して総合的に処方する方法が採られています。今後の研究解明が期待されます。

突発性難聴という病気の治療について

突発性難聴とは、今まで難聴になったことのない人が突然、難聴になってしまう病気です。突発性難聴の原因は明らかでない場合が多く、通常は片方の耳がなります。50代から60代に発症が多く、発症前には疲労感を感じます。 突発性難聴の治療は耳鼻科の専門医にしてもらうことになります。まずは心身のストレスを軽減させることが一番の治療であり、程度によっては入院が必要になります。 内耳循環障害が疑われる場合には、血管を拡張させる薬が使われます。ウイルス感染が疑われる場合には副腎皮質ステロイドが用いられます。 このように、病気の状態に合わせて治療の方法を考えていきます。 突発性難聴を治すためには医師や看護師などの協力を得ながら治療をする必要があります。